アンチエイジングで小顔になれる|憧れの小顔をゲット

簡単な若返り治療

頬を触る女の人

切開しないでリフトアップ

美容外科ではしわやたるみを切開しないでリフトアップする、切らないアンチエイジング治療ができます。美容外科の治療は医療行為にあたるので、エステサロンのフェイシャルエステとは違い、確実なリフトアップ効果があります。例えば「サーマクールCPT」は、切らないアンチエイジングができる医療機器です。この機器は高周波を肌全体に照射するだけで若返りができる、プチ整形の一種です。真皮層のコラーゲンを刺激し、コラーゲン組織の生まれ変わりを促進します。コラーゲンが新しく再生されることで肌の老化が改善され、ハリと弾力が蘇ってきます。「ウルセラシステム」はサーマクールCPTよりも強力なリフトアップ効果がある、最新のプチ整形です。他には、ウルセラシステムは超音波を肌に照射するだけで、たるみを引き締めてアンチエイジングができます。ウルセラで使用されている超音波には、筋肉まで働きかける効果があります。たるみができる原因は、老化による筋肉の衰えです。いくらコラーゲンが増えても、それを支える筋力が劣化しているとたるみが起きます。ウルセラシステムをすることで、たるみの根本的な原因である筋肉が引き締まります。そうすると肌がひきしまり、強力な若返りができます。

効果を感じるために

切開しないで若返りができる美容整形は、今や美容外科クリニックの主流となっています。サーマクールCPTやウルセラシステムは、高度な医療機器を用いて行うプチ整形です。切る手術のように劇的に若返ることはありませんが、うまい医師がするとしっかりと若返り効果がでます。同じ医療機器であっても、使用する人の腕次第で、結果が良くもなれば悪くもなるのです。サーマクールCPTやウルセラシステムで受けても、「あまりリフトアップ効果を感じなかった」という人も中にはいるようです。効果を感じなかった場合、施術をした医師の腕が問題です。どちらの医療機器も、その人の顔立ちの特徴をよく理解したうえで出力レベルを微調整しながら照射をしなければならず、高度な技術とセンスを要します。入念にカウンセリングをしなかったり、あまり経験がない医師が行うと、リフトアップ効果を感じない場合があるのです。切開しないアンチエイジング治療とはいえ、ウルセラシステムなどは一回あたりの施術料金が30万円程度はします。せっかく30万円も出したのに、若返り効果を感じなければ投資したお金が無駄になります。そうならないために、経験が豊富で実績のある医師を探して、施術を受けることが大切です。

若々しい美しさを保つ方法

注射治療

美容整形の中でも、顔のシワやたるみを伸ばす方法、目元の張りを保つヒアルロン酸注入やレーザー治療は顔にメスを入れないので、手軽なアンチエイジング施術として人気が高くなっています。豊胸手術や脂肪吸引も、体型を若く保つ手術として注目を集めています。

詳細へ

美しさをあきらめない

女性ドクター

現在、アンチエイジングの整形手術は、たるみ一つとっても様々な治療方法があります。ひとりひとり最適な方法は違いますので、まずはカウンセリングを受けましょう。ダウンタイムが非常に短い治療もあるので、休日の間に治療することも可能です。

詳細へ

若々しさを取り戻すために

注射

アンチエイジングとは、老化現象を食い止め、若々しさを保つためのケア方法で様々な種類があり、おすすめなのが美容整形という方法です。美容整形にも様々な種類や方法があり、自分のケアしたい部分に合わせた治療で短期間で効果を得ることが出来ます。

詳細へ

若返りの施術を比較する

頬を触る女の人

アンチエイジングを目指す整形には、色々な方法があります。昔からある方法として、メスで皮膚を切開し、持ち上げるリフトという方法があります。最近は、糸や梁で持ち上げる方法もあります。また、ヒアルロン酸や自分の血小板、脂肪などを注射するという最新の施術方法もあります。

詳細へ