アンチエイジングで小顔になれる|憧れの小顔をゲット

若返りの施術を比較する

頬を触る女の人

人気の若返りの施術を行う

動物は、すべて成長し老化するものです。しかし、老化で衰えた肌を整形によって若返りを目指すアンチエイジングの施術が人気となっています。昔より平均寿命が延び、年を取っても若々しくありたいと願う人が増え、また、施術の技術も進歩したからです。アンチエイジングにも、色々と方法があり、それぞれ特徴があります。昔は、メスで皮膚を切開し、引っ張り上げるような外科的方法が中心でした。このような治療は頬や額、まぶたなど、年齢とともに皮膚が下がってたるんだ部位に適用されます。しかし近年、針や糸で皮膚を引っ張り上げる方法も、進歩してきました。糸として、美容効果の高い金の細い糸を皮膚の表皮の下に埋め込み、その刺激によって繊維芽細胞が活性化し、コラーゲンが生成され、肌のしわやたるみに半永久的に効果があります。また、コラーゲン生成を促進し、体に吸収される生体吸収糸を使用した整形もあります。これら方法はメスを使用しません。いずれも、メスを使用する前記の方法より、整形に対する抵抗や不安が少なく、人気となっています。他のアンチエイジングの方法として、注射による整形もあります。例えば、皮膚のハリや弾力、保水力を維持するヒアルロン酸は、年齢とともに減少します。このヒアルロン酸を注射するのです。

最新の施術を知っておく

注射によるアンチエイジングの整形として、最新の方法は、患者自身の血液の血小板を注射するという、皮膚の再生医療ともいえる方法です。血小板には、皮膚の成長や再生に必要な種々の成長因子が含まれています。この血小板を高濃度で注射することによって、皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸の生成能力を高めます。施術に必要な時間は一時間以内と短く、また、患者自身の血液から分離・濃縮した血漿を使用するので、アレルギーなどのリスクがありません。さらには、アンチエイジングだけでなく、ケガや病気、やけどなどでできた皮膚の傷を再生させることも将来的に期待されています。気になる部位に注射するだけなので、メスで切開する外科手術よりも安全性が高いのですが、多少の腫れや内出血は起こるようです。自分の細胞を利用したアンチエイジングの他の方法として、自分の脂肪を、気になる部分に注入する方法もあります。まず、おなかなどの脂肪が気になる部分から脂肪を吸引し、その脂肪を、頬やしわのくぼみに注射するのです。シリコンなどの人工物と異なり、自分の脂肪なので、皮膚になじみやすく、効果も半永久的です。施術の時間も一時間程度で、メスを使わずに行えます。