アンチエイジングで小顔になれる|憧れの小顔をゲット

美しさをあきらめない

女性ドクター

まずは現状を知ろう

アンチエイジングを目的とした美容整形には、それぞれの悩みに特化した治療方法があります。特にしみやしわ、たるみは多くの女性を悩ませているエイジングサインですね。整形手術でアンチエイジングを実現する為には、現在の自分の悩みを明らかにする必要があります。今あるシミと思っているものが、本当にシミなのか、シミに似た肝斑や脂漏性角化症といったものではないかをきちんと見極めたいものです。なぜなら、シミ一つとってもその正体は様々で、それによって効果的な治療の方法が変わってくるからです。アンチエイジングでよくある、シワやたるみにも同じことが言え、状態によっては全く思っていなかった治療方法が有効な場合もあります。その為にもまずは、カウンセリングを受けることをお勧めします。カウンセリングでは、現在の悩み、アンチエイジングの整形でどうなりたいか、体質などの問診が行われます。得たい効果も、だれが見ても分かるくらいにしたい人、バレない程度にしたい人など様々なので、そういった事も加味すると良いでしょう。美容整形をしたことを大っぴらに話す人はまだ少ないですから、実際に受けた人の話を直接聞く機会は少ないかもしれません。カウンセリングに行く時は、複数の病院を訪ねましょう。

メスを使わずに若返る

少し前だと、アンチエイジングの整形手術でたるみをリフトアップする治療には、手術が必須でした。現在ももちろん取り入れられていますが、機械の進歩で、注射やレーザー治療だけで済むアンチエイジングも多くなってきました。ボトックス注射やヒアルロン酸注射を始めとしたプチ整形でもシワやたるみの改善は見られます。また、ダウンタイムも短いので大変敷居が低くなっています。レーザー治療でお肌全体をリフトアップしながら、アンチエイジングすることも可能になり、数日の連休を利用すればダウンタイムも気にせずに治療を受けることができますね。加齢でまぶたが下がってくるのも、アンチエイジングのお悩みとしては多いですが、この場合は手術に保険が適用される場合もあります。保険が適用されるには条件があり、視界のチェックやその他条件をクリアすれば、健康保険を利用しての手術が可能な場合もあるのです。また、PRP皮膚再生療法では、今まで治療が難しかった肌全体に広がった細かいちりめんジワも改善することができます。PRP皮膚再生療法では、自分の血液に含まれる血小板を利用した成長因子を使用します。一番最適な方法で美しく若返りましょう。